読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリセリンの日常

趣味や感じたこと等を記事にします。主に筋トレ、水泳、遊戯王、ポケモン等々

近年のアレルギー事情

こんにちは!

 

 

今日はたまたまネットサーフィンをしていた際、アレルギーについての記事を見かけたので、アレルギーについて自分自身のことを含めて話していきたいなと思います。

 

 

私は重度の食物アレルギーを持っています。

その食物はエビやカニといった甲殻類や、イカタコ等の魚介類全般です(実は魚は食べられますが、魚介エキス等は駄目なのでまとめて魚介類がアレルギーと普段は言っています笑)

どのくらい重度かというと、エビフライと同じ油で揚げた唐揚げを食べただけでアナフィラキシーショックを起こし気を失い、入院したという経験があるほどです。

そのような経験から現在では、外食もなるべく控え、食物を購入する際も成分表を必ず確認するように心がけています。おもいもよらない食物にアレルギー物質が入ってることもありますからね(笑)

 

 

現在ではアレルギーについてだいぶ理解が増えてきたように感じますが、昔はそうでもなかったということを聞きます。

私も幼少期、祖母に「好き嫌いはするな」と言われ、アレルギーのある食物を食べさせられそうになった記憶があります。

好き嫌い云々の前に、食べたら死んでしまうかもしれないっていうものなんですよね、アレルギー食物。

 

 

ニュースでは、学校給食で起きた食物アレルギーについて、取り上げられているのも見ます。子どものうちは、自分のアレルギーまで理解していても、どの食物に何が入っているかまで詳しく確認する子は少ないんじゃないかと思います。

もちろん保護者や教員の方は理解していると思いますし、まさか給食に自分を死に至らしめるものがあるとはなかなか考えられませんよね。

しかし事故が起こっているというのは事実で、そういったニュースを見るととても悲しくもどかしい気持ちになります。

 

 

私は先ほども述べたとおり、かなり重度のアレルギーがあるため、外では揚げ物は絶対に食べないようにしますし、信頼しているお店以外では食器類をちゃんと洗っているかまで疑っているのでほとんど外食はしません。

このように徹底していかなくては、重度のアレルギー持ちの方は、自分の身を守ることは難しいのかなと思います。それは子どもも一緒で、自分の身を守るという意味でしっかりと大人が理解させていく必要があるように感じます(実際かなり難しいことだとは思いますが…)

 

 

個人的にはアレルギー表示をしているレストラン等がもっと増えてくれると、外食もしやすいなぁと思います。

あとは友人間で外食に行こうとなったとき、気を使って自分のアレルギーじゃないものを注文してくれる人が多いのですが、皆が食べたいものを食べてくれればいいなと思っています(笑) これ結構あるあるですよね?笑

 

 

何にせよ、アレルギー持ちの人は自分の身は自分で守ることを意識し、周りの人たちも「アレルギーがあるからこれは食べられないんだ。」ということだけ覚えておいてくれれば自分的にはいいかなと思います!

 

 

          

     

          食品含む多くのアレルギーがあるのに、花粉症はないグリセリン